WinActor|ウィンアクター

  • RPA

WinActorは『Windows端末上のアプリケーションの操作を学習し、自動実行するソフトウェア型ロボット』 です。利用できるアプリケーションに制限はなく、あらゆる業務を自動化します。自動化のロボット作成も容易で、プログラミングの知識は不要、情報システム部のようなIT部門でないユーザでも簡単に自動化が可能です。

RPAツールとは

RPAとは「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する概念です。

RPA

RPAという概念を実現するツールのことをRPAツールと呼んでいます。
広義な意味での「RPA」は変革全体のことをさし、狭義での「RPA」はRPAツールをさすことが多いでしょう。

また、業務を代行・自動化するソフトウェア型ロボット自体のことを、「デジタルレイバー・デジタルワーカー(仮想知的労働者)」と擬人化して呼ぶこともあります。

日本国内では2016年からRPAという言葉が使われ始め、その分かりやすさや、即効性から2017年には大ブームが始まりました。今では、RPAは、AIやIoTと並び、誰もが一度は耳にしたことのある最注目ITワードとなっています。
コスト削減や、ミス削減はもちろん、働き方改革の即効薬としても期待されているソフトウェアロボット「RPAツール」についてご紹介いたします。

RPAブームの背景

これらの問題を解決するのがRPAツールです。

  • 人材不足
  • 将来の労働人口減少への懸念
  • ホワイトカラー業務の生産性向上
  • 働き方改革への対応
手間になっているホワイトカラー業務をRPAに代行させることで、 人間は本来の業務やクリエイティブな業務に専念できる!

RPA自動化の動きと効果

RPA自動化の動きと効果

RPAツールができること

【業務例】

  1. Excel等のアプリケーションへの入力(大量の集計作業、転記作業)
  2. システムへの入力(ログイン、他データからの入力作業)
  3. ダウンロード作業(WEBサイトから、メールから)

毎日行う定型業務・人間の判断を必要としない業務にRPAツールは向いています。

用のイメージと導入の流れ

例:Excelから基幹システムへの入力

Excelから基幹システムへの入力

WinActorとは

Win Actor|ウィンアクター

WinActorは『Windows端末上のアプリケーションの操作を学習し、自動実行するソフトウェア型ロボット』 です。
利用できるアプリケーションに制限はなく、あらゆる業務を自動化します。
自動化のロボット作成も容易で、プログラミングの知識は不要、情報システム部のようなIT部門でないユーザでも簡単に自動化が可能です。
そのため、業務改善のタイミングやシチュエーションは問いません。
ロボットに定型処理を任せることで、本来の業務や新規ビジネスに専念することができます。


RPAツールについては、日本国内では、NTTグループの開発した WinActor® / WinDirector®が、シェアNo.1評価※を獲得しています。
※RPA BANK調べ

WinActorの特徴

  • 自動化対象ソフト

Windows端末から操作可能なあらゆるソフトに対応
IEやOffice製品(Excel、Access、Word、Outlook等)はもちろん、ERPやOCR,ワークフロー(電子決済)、個別システム、共同利用型システムにも対応

  • 対応言語

完全日本語対応。対応言語を順次拡大
操作画面、マニュアル、サポートのすべてが日本語・英語に対応。対応言語を順次拡大

  • 取扱い難易度

ユーザー部門でも操作可能
操作性が高く、プログラミング知識や特殊な言語は不要

  • 信頼性

NTTグループで開発・利用
NTT研究所が開発、グループで長年利用し、ノウハウが詰まったソリューション

  • サポート

技術社による充実したサポート
NTTデータ・パートナー企業が国内のすべての地域を網羅。海外パートナー企業によるグローバルサポートも展開

  • 価格

お求めやすい価格設定
「まずはやってみよう」で始めやすい料金体系

  • 環境

PC1台から動作
特殊な環境構築は不要。PCにインストールするだけで利用可能

  • 導入期間

即日利用OK
環境構築もルール作成も簡単。スモールスタートに最適

  • 製品成長

頻繁な機能拡張
提供計画と、お客様のご要望を反映した。ショートスパンでの機能拡張

業務の自動化方法

業務自動化3ステップ

WinActorはどなたでも簡単にご利用いただけます!プログラミング等の特別な知識が無くても、WinActorを実行するシナリオファイル(ロボット)は簡単に作成できます。導入したその日から、業務の自動化が可能です。追加や編集も簡単ですので、適宜業務内容に合わせて改善が可能です。

業務自動化3ステップ
  • ①シナリオ自動記録

自動化したい業務をWinActorに記録させます。記録したいウィンドウをクリックし、録画ボタンを押すだけで実際に動かしたクリック操作やキーボード操作を記録することが可能です。

シナリオ自動記録
  • ②シナリオ編集

自動化操作を編集するフローチャート画面には、操作コマンドが用意されています。ライブラリからドラッグ&ドロップで手順とにシナリオを組み合わせていきます。

シナリオ編集
  • ③シナリオ実行

シナリオを作成したら、後は実行ボタンを押すだけで、WinActorがユーザ様の代わりに業務を代行してくれます。
Windowsのタスクスケジューラを使うことで、決まった時間にスケジュール実行はもちろん、WinActorを動かす速度を変更し、スピード重視での運用も可能です。
すべての操作はログ出力されるので、後で動きを確認することもできます。

シナリオ実行

導入の流れ

MSIで推奨している導入の流れは以下の通りです。

導入の流れ
  • 第1ステップ:調査・試行
  1. 2か月間有償トライアルや弊社ヒアリングをご利用いただき、WinActorの機能を知る
  2. 社内でRPA化したい業務を募集し、トライアルとして適用する業務の選定
  3. 選定した業務のプロセスや手順を洗い出し、シナリオを作成、実行する
  • 第2ステップ:部分導入
  1. まずは社内の特定の部署で導入
  2. トライアルで出た効果や課題・改善点を振り返り、全社展開に向けた計画を策定
  3. 全社展開に伴いRPA導入を支援・保守していける体制と規則を整備
  • 第3ステップ:本格導入
  1. トライアルで導入した部署のノウハウを活かして全社へ展開
  2. RPA支援チームを中心に継続的改善

どういう運用の仕方ができるの?どういう業務に効果がでるの?等
導入のご相談から導入後のフォローまで、お悩みはお気軽にご相談くださいませ!

まずは御社のお困りをお聞かせください!

サポートサービス

  • 電話・メールお問合せ窓口
  • ユーザーフォーラム
  • 導入支援サポート(有償)

WinActorをもっと詳しく知りたい、製品デモが見たい、価格が知りたい、といったお客様は以下お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください!

Win Actorの導入事例

WinActor導入事例

株式会社ピンテック 様

山形市にある基盤の金型部品を製造されているお客様。 社員数約80名の日本を支える企業です。